外国の幼児教育

幼児教育の大切さ。
それは世界各国で注目されている

先進国は学力社会。
頭がいい者だけが注目され、目立つ者だけが出世コース
エリートになったらこっちのもの。

いろんなことを考えると、
やっぱり幼児教育の大切さをひしひしと実感しますよね。

子どもの頃からの教育。
それが大人になってから実感する。
後悔もする

子どもの頃の幼児教育って大事なこと
確かに、綺麗な脳みそに何でも教えこんでいくと、なんでもかんでも吸収していくでしょう。

となれば、必然的に大事って事。
ただ、そんな幼児教育に力を入れるかどうかは親しだい。
環境次第でしょう。

学力社会の日本にとっては、やっぱり敏感にならなくてはいけません。

結局は能力重視されそうな現実。
そんなんで苦労はしてほしくない。
そう思うと親は考えてしまう。

ただ、外国でも学力社会である国もあれば、まったくもって関係性を出さない所も・・・。

なかなか難しい。
何が幼児教育なんだろうって思ったリしますが、自分が生まれ育った国に対して、それなりに、人並みには知力は欲しいでしょうし、親としても与えてあげる必要性はあると思いますよ!