返せないなら債務整理もひとつの手段です。

お金のトラブルは身を滅ぼす。
よく言われる言葉です。
結局はお金が絡むと人格が変わってしまう。
お金という存在は危険なものとでもいえるのですよ。

人とのお金の貸し借り。
ちょっとした金額でも気まずい関係になってしまうことも。
”お金を貸して”という言葉自体が、その人の人格を貶めてしまうのです。

人にお金を借りる。借金は返さなければなりません。
そこまでしてまでもお金を必要とするのだろうか?

そんなやり取りをした人とは、確実に溝ができてしまうでしょう。
お金にだらしないと友達も無くしてしまいます。
すぐに返せばまだいいですが、長々と借金をしていると、人としてどうなんだろうか・・・って感じさせてしまいますよ。

お金の工面が出来ず、やむおえず借金をしてしまったのならば、返済はきちんとしておかないと。

何とかなるだろう・・・。
そんなあやふやな考えだと、事はうまくいきません。自分がなんとかしないと何ともなりません。
ましてや、お金ともなれば恐ろしいもの。
けちと節約は違います。節約をして借金をしなくてすむようにお金の管理はきちんとしましょう。けちはダメですがお金にだらしないのはもっといけません。
お金の使い方で人間性がわかってしまいます。
お金の問題だけに、キリはしっかりつけておかないと、ずるずる尾を引きずって決していい方向には向かないでしょう。
どうしても返せないのだったら弁護士に債務整理無料相談するのもひとつの方法ですよ。

携帯電話で自動車免許

最近の交通違反の取り締まり。
結構厳しい??

車を運転すると色々と決まりがありますよね。
違反をして捕まれば減点だし、へたしたら事故に繋がる。

それは誰もが予想できないし、
出来れば起こって欲しくない出来事。

とは言え、車を運転するのならば常に安全運転を心がけて欲しい。
自分が良くても回りが危険。

ひとりひとりがルールを守って責任をもって運転しなければ。

そうでないと車は乗れない。
一人一人の安全運転で車社会は成り立っている。
相手を信用し曲がったり止まったり・・・。

お互い様。
譲る事も大事だし、譲ってもらう事も必要。

車に乗るに大してもマナーは大事ですよね。

携帯電話の取り締まり。
助手席では一切関係ないけれど、運転する側となればそうも行きません。

携帯電話をしての運転。
いずれ事故に繋がるであろう・・・。

警察の目線で違反の取り締まり。
分かっているけど、電話が鳴ればとってしまうんですよね。

どんどん減点されて、自動車免許がやばい。免停の危機。
再試験が受からなくて結局、合宿免許に通うハメになることも。自業自得。
自分が悪いのは自分が良く知っている。
反省するんだけどね。

無事故無違反でゴールド免許。
これこれ理想車の任意保険も安く済みます。
常に安全運転を心がけましょうね!

自動車免許の住所変更

自動車免許は合宿免許で18歳を気に取っておくと便利です。

車に乗れるっていいよね~って思いませんか??
実際そうではないかしら??

田舎暮らしで交通に不便な所。
山道で坂ばっかりな所。
子供がいて移動に荷物が多くなってしまう。
雨の日の買い物。

挙げていくときりが無いけど、
そういったときは車の存在は大きい。

ただ、車を乗るのにはメリットだけではありませんね。
車の維持費って意外とかかる。

税金も1年に1度は徴収が来るし車の任意保険だってバカにならない。
でも、これは入らないわけにはいかなさそうですよ。
車を運転したら交通事故はつきものです。運転しなければ事故を起こす心配も無いのだけれど。

後は毎月の出費。
駐車場もいるし、動かす為にはガソリンだって必要。

てなわけで、デメリットもあるということ。

そろそろ一家に一台らしきものになった車の存在。
となると、多い確立で自動車免許は取得していそうですね。
自動車免許は結婚しても使える。
身分証明書としても便利。

ただ、住所が変わったりしたらきちんと変更届は行かないと。
届出は警察になるのかしら??

きちんとしておかないと、身分証明書としては成り立たないかもしれませんよ。

生命保険について徒然・・

生命保険ってほんとにたくさん種類ありますよね。
まず、保険のカバー内容。

万が一の事故やけが、病気の為の保険。
死亡時に支払われる為の保険。
ガン専門の保険。
女性特有の保険。

きっと調べたらまだまだありそうですよねー。

次に定期だとか終身だとかいう保障内容。
たくさんありすぎて、ほんとによくわかりません(笑)

ただ、ざっと調べた感じでは定期というのは一定期間の保障で、 終身というのは死ぬまで保障ということだそうです。
ってことは、月々の掛け金も定期の方が安いだろうし、加入しやすいんでしょうね 。
でも、月々は安くても保険をかけていた時期が過ぎてから、いろいろ病気などになってしまったら・・・。

保険がないのも、通院費や入院費、大変ですよね。
年をとって、少ない年金から医療費を捻出するのは至難の業だと思います。
若くてあまり心配いらないうちは定期でもいいけど、 年を重ねたら終身といった保険見直し相談がある一定期間のスパンで必要なんでしょうね。