癌による合併症の時

癌保険に加入しようと考える人も多いのではないでしょうか?
けれど、癌保険をきちんと理解して保険に加入しない人も多いのです。

例えば癌の治療中、癌の影響でほかの病気にかかってしまったとします。
その時、保険はおりるのでしょうか?
癌の影響で、ということならもらえるのでは?と考える人もいますよね?
けれど、この場合は保険金はもらえないのです。

癌保険というのは、癌に対して保障をしてくれるという保険です。
だから、いくら癌の影響で・・・と言ってもその他の病気には一切対応してくれないのです。

ですが、癌になったら色々な合併症がでる恐れがあります。
そんなときはどうすればいいのでしょうか?
残念ながら癌保険だけでは全てには対応できません。
癌保険とは別に違うタイプの保険にも加入しなければならないのです。

だから、保険に3つも4つも加入している人がいますよね?
その方が安心ですが保険料は高くなってしまいます。
自分の収入にあった数の保険に加入しましょう。
保険相談ドットコム

癌保険の注意

皆さんは癌保険に加入していますか?
癌保険に加入しているから安心!と思っていますか?
けれど必ず保険金をもらえるとは限らないようです。

癌保険は、普通は癌で死亡してしまっても保険金を貰う事が出来ます。
けれど、中には保険金を貰えないケースがあるそうです。
どうしてだと思いますか?

それは、癌だけで亡くなる人が少ないからなんです。
多くの人が、癌+肺炎など2つ以上の病気が重なって亡くなってしまいます。
こうなると、癌なの?それとも肺炎なの?と考えてしまいませんか?
この場合は、保険金がもらえない事も十分ありえるのです。

なぜかというと、「癌で死亡した」ではなく癌を患っていた患者が「肺炎で死亡した」となるからです。だから契約書には、ここぞとばかりに「癌で死亡した場合」という事を全面に押し出しているでしょう。

癌保険は、あくまで癌にしか対応しません。
「癌の為だけの保険」なのです。
そこを勘違いしている人も多いので十分気をつけてくださいね。保険見直し相談クリック

保険の体験談

丁度、保険に加入しようと思っていた所に保険レディーが来て契約した人もいるのではないでしょうか?私の知人もその一人でした。
ですが知人はその保険に加入してすぐにトラブルになりました。

保険レディーからよく話を聞いてその保険に加入したつもりでした。
そして、書類を書いた時保険レディーから「大きな怪我や病気がなかったのならその項目(内科、外科などが書いてある)は全部いいえでいいんですよ」といわれたのでその項目はいいえに丸をつけました。
みなさんでも、そうなりますよね?

3ヶ月くらいしたとき知人は大きな病気にかかり、保険を頼ろうとしました。
すると、「告知義務違反」だから保険は適応されない。
そしてなんと保険の解約まで迫られたようです。

どこが告知義務違反だったのかを聞くと、保険に加入する1年くらい前に風邪を引いて病院に行き治療をうけていたようです。
大そうな風邪ではなく、喉が痛いから、行ってこようかな・・・程度の風邪だったそうです。

保険会社の人は面倒くさそうに「病院に行った事を隠していたんでしょう?立派な告知違反です。」といいました。そして知人は保険を解約させられ、治療費を自己負担で払ったというお話でした。保険相談と自動車免許について

癌保険は終身タイプと定期タイプどっちがいい?

癌保険にも色々な種類があります。
ですが、多くの人が悩んでいるのは終身タイプの癌保険にするか、
定期タイプの癌保険にするかということのようです。
ここでは、2つのタイプのメリットとデメリットをお話します。

まずは終身タイプの癌保険です。
終身タイプのメリットは、やはり何よりも一生涯を保障してくれるという所ですね。
定期よりも保険料は安いし癌保険に関しては年齢が上がるにつれて
保険料が更に安くなっていくところが多いようです。
(どんなに安くなっても半額くらいまでのようですが・・・)
デメリットはおじいさんおばあさんになったときまでずっと保険料を払わなければいけないので
将来、金銭的な負担になってしまうところです。

では、定期タイプの癌保険をみてみましょう。
メリットは、保障期間を満了すると保険料が全額返って来る保険会社もあるようです。
そうすれば、お金も返ってくるし期間中は保障もしてくれてとてもいい条件のように思います。
デメリットをかんがえてみましょう。
保険は満了した事に気が付かない人がとても多い事です。
また癌保険が切れてしまっている時に癌になったらどうなるでしょうか?
とても多くの治療費、入院費を自己負担しなければならなくなります。
保険相談、自動車免許、引越しなど